MCKの特長
製品のご案内
特注機製作について
メンテナンス
資料請求・お問い合わせ

製品のご案内PRODUCTS

HOME >> 製品のご案内 >> ドライフィルムラミネーター

製品ピックアップ

ドライフィルムラミネーター

ドライフィルムラミネーターとは?

ドライフィルムは回路パターンを形成するための感光性樹脂である。このドライフィルムを銅薄膜フィルム、及びITOフィルムなどの両面に貼り合わせる装置がドライフィルムラミネーターである。Roll to Roll ドライフィルムラミネーターはITOフィルムを巻出し、ドライフィルムの離型紙を剥離しながら、ラミロールでフィルムに熱をかけながらITOフィルムの両面にドライフィルムを貼り合わせ、巻き取る。

MCKラミネーターの工夫

ITO面は少しでも傷がついてしまうと製品として使用できない。そのためフィルムの搬送時にロールの接触およびフィルム同士がこすれて傷がつかないようフィルム搬送、および巻き取り方法を工夫してある。
Roll to Roll ドライフィルムラミネーターはドライフィルムを貼り合わせる前にワーク付着したゴミをとる目的でクリーニングロール(粘着ロール)を内蔵している。
ドライフィルム貼り合わせ後の巻き取りは曲率半径を大きくさせ、さらにITOフィルム巻き取り時にこすれて傷がつかないよう工夫してある。

ドライフィルムラミネーターの汎用性

近年配線の集積度があがり、線幅が細くなり要求が高い。
その要求を満たすためドライフィルムなども薄くなっている。薄くなると従来の方法ではドライフィルムと基材との接着力が要求を満たさなくなる。
気泡や、貼り合わせ強度がたらず、後工程で問題になる。
そこで、当社では接着力アップのためプラズマ処理装置やその他装置をオプションで追加できる。

資料請求・お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
お問合せはこちら
お電話でのお問い合わせ TEL03-3552-6331
ページの先頭へ
本社:〒462-0059 名古屋市北区駒止町2丁目13番地の1 TEL 052-914-3551  FAX052-914-3505

東京電子事業本部

〒104-0041
東京都中央区新富1丁目16番11号
MCKビル
TEL : 03-3552-6331
FAX : 03-3552-6337
 

大阪営業所

〒530-0047
大阪市北区西天満3丁目7番16号
ケイズビル
TEL : 06-6316-8291
FAX : 06-6316-8290
 

埼玉事業所

〒341-0042
埼玉県三郷市谷口417番地1号
TEL : 048-969-4851
FAX : 048-969-4851
 
 

SITEMAP
PRIVACY POLICY
COPYRIGHTS 2014 MCK  ALL RIGHTS RESERVED.
PRODUCED BY SHIKI-DESIGN